香港住んでみたら、意外と良かったんですけど・・・

香港に実際住んでみたら、思っていたよりだいぶ良かったので、日々の暮らし情報からグルメ、観光スポット、香港人あるある話まで幅広く、「香港って意外と良いよ」っていう情報をお届けしていくブログです。略して、ホンよかブログ。

【香港に駐在する方、必読!】香港大手銀行「HSBC」銀行口座について解説します~口座の種類&違い編~

 

先日の記事では

香港大手銀行「HSBC」について、

ご説明しました。

 

 詳しくはこちらからどうぞ。

hongyoka.hateblo.jp

今回は、さらに掘り下げて、

「HSBC」の口座の種類、その種類の違い

について書きたいと思います。

 

f:id:hongyoka:20181025102327j:plain

「HSBC」の口座には

現在以下の3種類があります。

  • HSBC Premier
  • HSBC Advanced
  • Personal Integrated Account

口座の種類ごとに

最低維持しなければいけない金額が決まっており、

過去3ヶ月の預金残高の平均が

その金額を上回っていると

口座維持手数料が無料となります。

逆に、

上回らないと手数料がチャージされる仕組みです。

 

最低維持しなければいけない金額、

口座維持手数料は、

HSBC Premierほど高く

Personal Integrated Accountが一番低くなっています。

 

したがって、

香港に来て間もない時は、

Personal Integrated Accountか、

HSBC Advanceのいずれかを開設し、

預金が貯まってきた段階で

HSBC Premierにアップグレードすると、

無駄に口座維持手数料を

チャージされることはないと思います。

 

ちなみに、

日本の銀行とは異なり、

ATM利用手数料は無料のようです。

(私が記憶する限り、

土日祝日、朝昼夜いつ利用しても

手数料をチャージされたことはありません。

おそらく口座維持手数料があるため、

ATM手数料は徴収しない仕組みだと思われます。)

 

それでは、

口座維持手数料のほかに、

3つの口座には一体どういった違いがあるのでしょうか?

 

HSBC AdvancePersonal Integrated Account

一番わかりやすい違いは、

HSBC Advanceの口座を持っている方

専用の銀行窓口が使えることです。

 

Personal Integrated Accountの窓口で手続きをする場合、

お昼時などは長い列ができていることが多いですが、

HSBC Advanceの専用窓口の列は比較的空いているので、

ストレスがありません。

 

また、追ってクレジットカードについても

詳しく取り上げたいと思いますが、

HSBC Advanceの口座を開設すれば、

専用のクレジットカードにも申し込むことができるのも

異なる点です。

 

HSBC Premierと残り2つの違いですが、

HSBC Premierは、支店の入口自体も

HSBC Advance、

Personal Integrated Accountと別になっていることが多いです。

 

HSBC Premierの窓口は、さらに専用ラウンジの中にあり、

ソファーに腰かけて、雑誌、飲み物のサービスを受けて

自分の順番を待つことができます。

 

それよりも一番大きな違いは、

各口座保有者に、専任の担当者が付き、

資産運用等の相談に乗ってくれる上、

実際に金融商品を購入する際も、

金利、手数料等の面で優遇を受けることができる点です。

 

また、HSBC Advanceと同様に、

HSBC Premier専用のクレジットカード

申し込むことができます。

ちなみに、こちらのクレジットカードは、

年会費無料のMaster Cardですが、様々な特典が付いています。

 

私は、最初に口座開設した際は

Personal Integrated Accountでしたが、

徐々にAdvancePremierとアップグレードしていきました。

 

やはり、一番のメリットは、

経験豊富な専任担当者が細かく相談に乗ってくれて、

日本にはないような魅力的な金融商品を購入するチャンスが

多くあることだと思います。

(日本でもこのようなサービス自体はあるかもしれませんが、

私は日本よりも香港の金融商品の方が魅力的に感じます。)

 

もちろん、

担当者も手数料等を稼ぎたいと思っているでしょうし、

こちらも慎重に判断する必要はあると思います。

全て英語(もしくは中国語)でのやり取りになりますので、

専門用語も度々必要にはなります。

しかし、相談していく中、プロの方と話すうちに、

こちらも資産運用に関して詳しくなれます。

(英語の練習にもなります。)

 

実際に、HSBCで

香港の保険投資信託等を購入した経験があるので、

追々ご紹介していきたいと思います。

 

香港駐在、在住されている方、

ご興味があればこの機会に香港での投資を

検討してみてはいかがしょうか?

結構魅力的な商品がありますよ!

 

詳しくは、HSBCのHPをご覧ください。

 

HSBC Premierは、こちらから。

www.hsbc.com.hk

HSBC Advanceについては、こちらから。

www.hsbc.com.hk

Personal Integrated Accountに関してです。

www.hsbc.com.hk

 

この記事が面白かったと思った人は、

是非、この飲茶のイラストをクリックしてください!

皆さんの応援が励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ