香港住んでみたら、意外と良かったんですけど・・・

香港に実際住んでみたら、思っていたよりだいぶ良かったので、日々の暮らし情報からグルメ、観光スポット、香港人あるある話まで幅広く、「香港って意外と良いよ」っていう情報をお届けしていくブログです。略して、ホンよかブログ。

日本と比較して物価が高いもの&安いもの大調査!【高いもの:家賃(住宅価格)】

  

日本は世界的に物価が高い国だと

長らく言われてきました。

 

しかし、

いざ海外旅行へ行ってみたり、

実際に海外に暮らしてみると

日本よりも物価が高いなと感じる国は

たくさんあります。

香港もその中の一つ。

 

その反面、物価が高い国でも

あれ?他の物はこんなに高いのに

これは日本よりだいぶ安いなぁ

と感じることもしばしば。

 

実際香港に住んでみて分かった、

日本と比較して

物価が高いと感じるもの

逆に物価が安いと感じるものについて

いくつかご紹介していきたいと思います。

初回は、

香港で高いといえばこれ!

 

【家賃(住宅価格)編】

 

をお届けします。

 

f:id:hongyoka:20181023233746j:plain

 

日本と比較して高いものと言えば

何より先にまずこれです。

日本だけではなく、

世界的に見ても

一、二を争う高さだそうです。

もう最初は桁違いすぎて

訳が分かりませんでした。

 

これは香港でも問題になっており、

特にここ10年で著しい変化を遂げています。

 

日本と同様香港もエリアによって

家賃は変動し、

都心へ行くほど高く

郊外ほど安いです。

また、日本人に人気のエリア

需要が多いので家賃も高い傾向にあります。

 

日本よりもエリアと家賃が

より連動しているようで、

たとえ築数十年の古い物件だろうが

都心、人気エリアにあれば

ものすごく高いです。

 

一例を挙げてみます。

 

日本人駐在員の

ファミリー向け物件をお探しの方だと

2~3LDKを選ぶ方が多いと思います。

日本人に人気のエリアですと、

だいたい80㎡程度

1ヶ月の家賃

40,000~50,000HKD

(約600,000~750,000円)します。

 

日本だったら都心の一等地、

億ションを借りられる値段に相当しますよね?

イヤイヤ、香港では

普通のファミリーが住む3LDKが

このお値段しちゃうんです。

 

最初の頃は

不動産屋さんに張り出されている

物件価格を見ては

0の数を数えちゃったり、

日本円に直しちゃったりして、

驚かされたものです。

(今となってはだいぶ慣れましたが・・・)

特にここ10年は異常な高騰を見せている

香港の物件価格ですが、

もちろん香港人の間でも問題になっています。

 

周りの香港人に聞くと、

日本人が一家族で暮らす広さに

2~3世代で住むのが一般的なようです。

要は、3LDKに

おじいちゃん・おばあちゃん、

お父さん・お母さん、孫たち、(+メイドさん)

が暮らすといった感じです。

メイドさんを雇って

女性も男性同様働きに出るのが

香港では当たり前の家族の形となっています。

 

この家賃じゃ一人暮らしなんて

なかなか難しいですよね・・・

なので、男性女性問わず、

結婚前まで両親と実家で暮らすのが一般的だそうです。

 

ちなみに、

香港人の知人の女性(28歳)は

実家のマンションで

2歳上のお兄ちゃんと同じ部屋で

寝ているそうです。

日本じゃ考えられないですよね?!

香港ではよくある話だそうですよ。

 

このように社会的背景が

大きく異なる日本と香港。

こういった背景から派生してくる

女性の社会進出、

少子高齢化問題、

物価上昇などの社会問題に対して、

打つべき対応策が日本と香港とでは

異なるべきなのだということが

各々の生活環境を知ることでよく分かります。

 

これは香港に実際住んでみなければ気づかない事の一つでした。

 

今でも上がり続けていると言われている香港の住宅価格。

一体この先どうなってしまうのでしょうか?!

見守るしかありませんね。

 

さて、次回も引き続き、

日本よりも高いなぁと感じるものを

ご紹介したいと思います!

 

この記事が面白かったと思った人は、

是非、この飲茶のイラストをクリックしてください!

皆さんの応援が励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ