香港住んでみたら、意外と良かったんですけど・・・

香港に実際住んでみたら、思っていたよりだいぶ良かったので、日々の暮らし情報からグルメ、観光スポット、香港人あるある話まで幅広く、「香港って意外と良いよ」っていう情報をお届けしていくブログです。略して、ホンよかブログ。

香港島から船の旅~長洲島へ行ってみよう~

 

香港にはたくさんの離島があり、

いくつか有名な観光スポットになっています。

今の時期は、香港はカラッとしていて

天気も良くて暖かい、一年の中でも

絶好のお出かけシーズンです!

 

以前はトレッキング(ハイキング)コースを

ご紹介しました。

↓こちらからご覧いただけます。

www.hongyoka.work

 

今回は

行楽シーズンの今、行っていただきたい!

長洲島(チョンジャオドウ)をご紹介します。

 

長洲島(チョンジャオドウ)

香港島の西に位置する島で、

セントラル(中環)からフェリーで行くことができます。

まずは、セントラル(中環)のフェリー乗り場へ行きましょう。

ピア5番から長洲島(チョンジャオドウ)行きフェリーは出ています。

f:id:hongyoka:20181104221938j:plain

 

時刻表はこちらです。

長洲島行きフェリーには普通船高速船があり、

普通船は約1時間、高速船は約35分程度で着きます。

普通船高速船交互に20~30分に1本ずつ出発しています。

運賃は、高速船普通船倍くらい

更に日曜祝日若干高くなっています。

f:id:hongyoka:20181104221956j:plain

平日の普通船だと大人1人片道13.6HKD(約204円)

船の旅が楽しめちゃうなんてお得ですね!

 

フェリーはこんな感じです。

運賃は安いのに、結構ちゃんとしてますね!

f:id:hongyoka:20181104222035j:plain

 

今回は、普通船の出発時刻の方が早かったので

そちらで行きました。

 

船からの景色です。

高層ビル群もよく見えます。

f:id:hongyoka:20181104222058j:plain

心配していたほど揺れず、

気持ち悪くなることもなく1時間程度で

無事に長洲島へ到着しました!

(酔いやすいので心配していたのですが・・・)

先ほどの香港島の景色とは全く異なります。

島に来たー!!って感じしますね!!

f:id:hongyoka:20181104222116j:plain

たくさんの人が乗っていましたが、

座席はそこまでぎゅうぎゅうでもなく

快適な船の旅でした。

 

船を降りてすぐのメインストリートは

人と自転車がいっぱい!

そして宿の案内所が並んでいました。

長洲島にはホテルが1軒しか無いらしく、

個人経営の宿がたくさんあるようです。

 

着いて早々小腹が減ったので、

目に留まったこちらのお店でちょっと腹ごしらえ。

f:id:hongyoka:20181104222422j:image

左:カレー味のフィッシュボール 10HKD(約150円)

右:パイナップルソーダ 約20HKD(約300円)

カレー串、待ちきれず、一口食べちゃいました・・・

結構いける!もう一本食べたいくらい!

ソーダも美味しい♪

 

グァバとイチゴのスムージー 約20HKD(約300円)

こちらも美味しいです!

散歩の時にクールダウン出来ていいですね。

 

さて、腹ごしらえも済ませたので

早速島内を探索してみましょう! 

 

まずはトンワンビーチ(東灣泳灘)を目指します。

 

途中「Love Lock」と書いてあるところを発見。

ハート型の絵馬?のようなものがぎっしり!

恋愛成就をお祈りしているようですね。

 

ゆっくり15分ほど歩いているとビーチが見えてきました。

この時は台風の影響でまだ封鎖中でした。

更にここから10分ほど歩くと

クンヤムビーチ(観音湾泳灘)に着きます。

そこから10分ほどで

小長城(リトルグレートウォール)へ 。

ちょっとしたハイキングコースになっています。

このように舗装された道を歩きます。

少し歩くと小さなお寺を発見。

道はそんなに険しくないので、

ちょっとしたお散歩にオススメです!

見晴らしの良い所に出ました。

途中途中の石が見どころのようなので、

近くまで降りてみることにしました。

大きな石と石の隙間に入れそうなので、

ちょっと入ってみたりしました。

大人一人が何とか入れる幅です!

こんな道を下ったりします。

これ、何だかわかりますか?

正解は、火消しに使う道具です!

道の途中に何ヶ所か設置されていました。

長洲島は道が狭く消防車が入れないため、

こういったものをこまめに用意しているようです。

しかし、実際これで火が消せるんでしょうかね?!

 

様々な形、顔の岩や石があり

興味深かったです。

しかし、こんなところにも落書きが

・・・残念ですね。

 

全部で1時間ちょっとのコースでした。

今回は島の東側を探索してみました。

北側と西側も色々見どころがありそうなので、

次回はそちら側も行ってみたいと思います!

 

皆さんも、長洲島へ

ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

週末日帰りで香港島から

船の旅が気軽に楽しめますよ!

 

この記事が面白かったと思った人は、

是非、この飲茶のイラストをクリックしてください!

皆さんの応援が励みになります。

↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ