香港住んでみたら、意外と良かったんですけど・・・

香港に実際住んでみたら、思っていたよりだいぶ良かったので、日々の暮らし情報からグルメ、観光スポット、香港人あるある話まで幅広く、「香港って意外と良いよ」っていう情報をお届けしていくブログです。略して、ホンよかブログ。

みんな納得、香港あるある!【第二弾】~地下鉄(MTR)①~

 

以前も記事に書きました

「香港あるある」第二弾です。

今回は、香港に住んでいる方なら

ほぼ全員使っているであろう

地下鉄「MTR」でのあるあるネタを

いくつかピックアップしてご紹介します。

 

「香港あるある」第一弾はこちらから。

hongyoka.hateblo.jp

f:id:hongyoka:20181025100658j:plain

 

その①ホームが大混雑していても、来た電車が混んでいたらほとんど人が乗ろうとしない。

→電車に乗れずに何台も見送ることになる。

 

これはMTRをよく使うようになって、

一番感じた違和感かもしれません。

 

日本だと、見るからに100%の乗車率の電車が来ようと

ホームにいる人たちは無理やり乗りますよね?

朝のラッシュ時なんて車掌さんが乗れるように

押してくれたりもします。

 

そんな日本の感覚に慣れていると、

香港ではちょっともどかしいかもしれません。

 

なぜなら、

香港の電車はまずほとんど奥までつめません。

座っている座席の前とか、結構すきすきです。

日本人が見たら、絶対

「もっと奥までつめてよー!乗れるでしょー!」

と感じると思います。

そして、入り口付近が混雑すると、

次の駅では無理に乗ってこようとしないんです。

むしろ無理やり乗ると、え?乗るの?みたいな

雰囲気になります。(たぶん・・・時々感じます。)

なので、ホームに人が溢れますが、

みんな次の電車を待って、

少しずつ乗れるだけの人たちが乗ります。

その繰り返しなので、

下手したら乗れるまで3台くらい

電車を見送ることもあります。

 

香港人は意外ときちんと並んで電車に乗ります。

(来る前のイメージでは、並ばず横入りが当たり前だと

思っていました。香港人の皆さん、失礼しました。)

そのため、たとえ急いでいても、

並んでいる前の人たちが乗らないと、

後ろの人たちは乗れないんです。

 

香港の電車は数分間隔ですぐ次の電車が来るので、

1~2本見逃してもそこまで大差はないのですが、

急いでいるときは少しもどかしいかもしれませんね。

その②優先席には座らない人が多い

 

日本だと優先席でも空いていたり、

周りに使う人がいない場合は

座る人も多いと思います。

 

しかし香港では、優先席の該当者

(お年寄りの方、子連れの方、身体が不自由な方、

妊娠中の方などなど)

以外はあまり座りません。

座っているとちょっと白い目で見られます。

(たぶん。そんな気がします。)

 

知人の香港人にも聞きましたが、

たとえ席が空いていても

絶対に座らないと言っていました。

 

この話につながるのですが、

香港ではお年寄りや子供とても親切です。

そういう方が乗ってきたら、

誰かが必ず席を譲ります。

同時に何人かが立って譲ろうとすることがあるくらいです。

子供の範囲も広く、

小学生くらいまで譲ってくれます。

(日本だと逆に「譲りなさい」と怒られてしまうイメージですが・・・)

 

小さい子が大きい声で泣いていても、

おしゃべりしたり、騒いでいても

怒られたり白い目で見られることはなく、

逆に「かわいいね~、何歳?」と話しかけられているのを

よく見かけます。

(広東語がわからないので定かではありませんが、

ニコニコ話しかけられているのできっとそうだと思います。)

 

そういうところは、

日本よりも社会全体が優しくて

住みやすいなぁ、香港て良いなぁと思う点です。

 

次回は、 地下鉄「MTR」あるある②

をお届けします。

↓こちらからどうぞ。

www.hongyoka.work

 

「あるあるー!」って納得してた人は、

↓こちらをクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

 

「へー」って思った人は、

↓こちらをクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ