香港住んでみたら、意外と良かったんですけど・・・

香港に実際住んでみたら、思っていたよりだいぶ良かったので、日々の暮らし情報からグルメ、観光スポット、香港人あるある話まで幅広く、「香港って意外と良いよ」っていう情報をお届けしていくブログです。略して、ホンよかブログ。

なんでもインフルエンザ?!

 

最近多いですが、今日も病院系の香港あるあるです。

 

この間、シックリーブの制度について書きましたが、

香港では、風邪、病気、怪我で会社を休むとき、

有給休暇を使う必要がありません。

↓↓↓

 

www.hongyoka.work

 

有給休暇とは別に付与される、

シックリーブというものを使います。

(有給休暇と同じで、休暇中も給料は支払われます)

 

シックリーブを使う場合、お医者さんから証明書をもらう必要がありますが、

今日の香港あるあるは、これに関してです。

 

 

 

お医者さんは病院に行くと、簡単に証明書を出してくれます。

 

で、大抵、傷病名は、Flu(フル)です。

Fluというのは、Influenzaの略で、

インフルエンザです。

 

日本でインフルエンザにかかったって言うと、

1週間くらい自宅待機していないと、

みんなから嫌がられますよね。

 

復帰後も、マスクもせずに会社に行こうものなら、

みんなから白い目で見られます。

 

 

 

でも香港では、1日休んで元気になったら、

翌日は普通に会社に行きます。

 

んっ?

本当に、それってインフルエンザ?

 

私調べですが、香港では、いわゆる風邪までも、

インフルエンザと呼ばれている気がします。

 

《病院でのシーン》

お医者さん「証明書出しとく?」

私「お願いします」

お医者さん「インフルエンザねー」

 

軽っ?!

 

《会社でのシーン》

同僚「昨日どうしたの?」

私「インフルエンザでちょっと休んだんだー」

同僚「へー」

 

軽っ?!

 

日本だと「えー!大丈夫!

(まだ会社に出てくるの早いだろう、

絶対移すなよ)」ってなると思います。

 

以上、「インフルエンザの定義が、

香港ではかなり広い」という、

香港あるあるでした!

おしまい。

 

「あるあるー!」って納得してた人は、

↓こちらをクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

 

「へー」って思った人は、

↓こちらをクリック!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

 

ブログランキングに参加しています。

応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ